院長ブログ

2012年3月 4日 日曜日

寒い日々が続いています。

寒い日々が続いています。風邪をひいてしまった、インフルエンザワクチンを接種したのにインフルエンザになってしまった方が少なくありません。お子さんではインフルエンザA型にかかり、治ったらB型にかかってしまったケースも珍しくありません。でもワクチン接種は感染の危険度を下げるので毎年受けることをお勧めします。発症後48時間以内であえば、1日で治療の済む吸入薬「イナビル」や30分間で終了する点滴製剤「ラピアクタ」も当院では積極的に行っています。

インフルエンザ、風邪が終わりに近づくとやってくるのが「花粉症」です。私は幸いにも今のところ花粉症で悩んだことはありませんが、予防的に症状の出現する前から内服するのが効果的なようです。花粉症の方は毎年、この時期になるとアレグラ、ジルテック、ザジデン、アレロック、クラリチンといった薬が手放せない方が多くなってきます。しかし、眼のかゆみ、鼻水などの症状が激しい方はこれらの内服では症状を抑えられません。点眼薬や点鼻薬も必要です。最近、発売されたキプレスやオノンといった気管支喘息の薬を同時に服薬することで症状は劇的に改善します。いろいろなアクセスを当院では行っています。

話は変わりますが、非びらん性胃食道逆流症(NERD)という病気が目立ち始めて数年経ちます。内視鏡(胃カメラ)をやっても何も病変がないのに、むねやけがする、みぞおちが痛い、胸が痛い時があるという方は治療が必要です。少ない量の胃酸分泌抑制薬を飲むことで症状は改善します。また、逆流性食道炎の方の年齢が若くなっている傾向が目立ってきています。
当院では口からの胃カメラは苦しくていやだ、できるだけ眠っている状態で検査を受けたいという方の要望もお受けしています。
当院では通常、鼻からの胃カメラ(径5.9㎜、口からの胃カメラと比べると60%細いです)行っています。胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)の恐怖感もなくなると思います。

是非、上記のことも含めお悩みの方は来院してください。医療相談でお問い合わせいただいても大丈夫です。

投稿者 いけだクリニック

アクセス


■住所:
〒 115-0051
東京都北区浮間3-1-52 河野メディカルビル1・2F
■最寄駅:
JR埼京線 北赤羽駅(浮間口)
■診療時間:
【平日】9:00~12:00 ,15:00~19:00
【土曜日】9:00~13:00
※水曜日午後は手術優先日です。
通常の診療は休診させて頂きます。
■休診日:日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら