ホーム > 内視鏡検査

内視鏡検査(経鼻内視鏡)

苦しくない鼻からの胃カメラを行います

内視鏡検査とは

内視鏡検査は体内にカメラの付いた管を通すことで体内を観察する検査です。
管の太さは 直径1cm程度の細いもので先端には小型カメラやレンズがついています。
主に口や肛門より挿入して行います。口からは食道や胃、肛門からは十二指腸や大腸の内部などの観察を行い、同時に治療を行うこともできます。
今の消化器科の検査の中でも重要な検査となっています。
医療機器の進歩でより鮮明な画像を見ることも可能になり、その最新機器に対応できるように内視鏡技師も日々腕を磨き、より細かいところまで調べられるようになりました。
内視鏡は体内を観察するため、症状が出る前の初期のがんを発見することができたり、がん以外にも危険性があるもの、注意すべきものの早期発見に活躍しています。

経鼻内視鏡について

皆さんは、内視鏡検査と聞くと、「苦しい」「痛い」というイメージを持っていませんか?
従来の胃カメラ検査では、経口内視鏡という口から行う検査が一般的でした。
ただ、経口内視鏡では、舌根という喉の奥にある舌の付け根に内視鏡が触れてしまうため、不快感や吐き気を感じてしまいます。
しかし経鼻内視鏡は、鼻から挿入するため、内視鏡が舌根に触れることがありません。そのため、経口内視鏡よりも不快感や吐き気を感じることなく検査を受けることが可能です。
また、経鼻内視鏡検査では、検査中でも医師と質問をするなどの会話ができるため、その時の気分を伝えるなど、不安感を持たずに検査が受けられます。
※検査での苦しい理由は個人差がありますので、径鼻内視鏡が苦手な方もいます。
その場合、静脈麻酔を利用した検査をおすすめします。詳細はお気軽にお問い合わせください。

現在も進歩しつづける内視鏡治療

内視鏡学会では毎年最新治療法が発表され専門医たちが 腕を磨いています。

たとえば…

  • 胆道結石は内視鏡に管を通して除去できます。(入院約1週間)
  • 食道静脈瘤も死亡率の高かった以前と違い、内視鏡で治療するのが一般的です(入院約1週間)
  • 脳卒中などで寝たきりの方には胃カメラで栄養チューブを取り付けることで在宅が可能となります。
  • 胃潰瘍の出血も現在は手術をせずに内視鏡で止血治療を行います。
  • 食道が収縮し食事が困難な方には内視鏡で拡張したりします。
  • さらに腹部に小さな穴を開け、そこから腹腔鏡という専用の内視鏡をいれて行う、腹腔鏡手術(鏡視下手術)が現在多く行われています。

全身麻酔の上で行うためポリープ切除のように容易な手術ではないのですが、今までの開腹手術よりもはるかに小さな穴を開けるので術後の痛みを大幅に抑えることができます。

その他の検査っをご希望の方はこちら
アクセス


■住所:
〒 115-0051
東京都北区浮間3-1-52 河野メディカルビル1・2F
■最寄駅:
JR埼京線 北赤羽駅(浮間口)
■診療時間:
【平日】9:00~12:00 ,15:00~19:00
【土曜日】9:00~13:00
※水曜日午後は手術優先日です。
通常の診療は休診させて頂きます。
■休診日:日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら